よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「クリスマス 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2007.12.23 Sun
明日は楽しいクリスマス♪ イェイ☆

クリスマスねぇ。

何が楽しいのやら・・・。



スポンサーサイト

クリスマス    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2007.12.12 Wed
クリスマスを有意義に過ごすために


どうも、こんばんわ☆
あおのりこと、飲み会キングあおのりです。


師走とはよくぞ言ったものです。最近、忙しいよ。



仕事がじゃなくて、飲み会が・・・


職場の忘年会などがあるんですが、それ以外に
女性から「飲み会しよう」の話が次から次へと来る!



ただし、あくまで「飲み会」である。
合同なんとかではない、そこだけは気をつけてもらいたい。

友達をお互いに集めて飲むだけ、
そう、ただの飲み会だ!!




年末調整ならぬ、クリスマス調整にみんな忙しいのだろう。



すでに12月に入って、2件の飲み会を終えている。
さらにこれから、4件の飲み会も控えている。

いやぁ、師走だ。。


ここに来て社会は合コンキングを必要としているのだ!!


あ、違う!!


ここに来て社会は飲み会キングを必要としているのだ!!






余談だが、最近、職場の先輩に言われた。

「青田くんは合コン大王って呼ばれてるんだって?」



キングから格上げされてる~っっっ!!!




オレ的にはかわいく合コン王子ぐらいでよかったのにっ!

いつの間にか「大王」って・・・
なんか悪の大王みたいな悪い奴みたいじゃないか。。


まぁ、いいんだけどさ。。





本題はここからである。



なぜか、日本古来よりの風習、冬至(12月22日)よりも
日本の象徴である天皇陛下誕生日(12月23日)よりも
日本人が大事にするクリスマスについてである。




ここ4年間のあおのりのクリスマスの過ごし方をおさらいしてみよう。


2003年・あおのり20歳

カップルが混み合うイタリアンレストランAでのバイト終了後、
何か、この社会のクリスマス一色の空気に抗議をしたくて、
福島駅から学生寮まで10キロマラソン記録54分。



2004年・あおのり21歳
カップルが混み合うイタリアンレストランAでのバイト終了後、
終電で知り合いの女の子に偶然会い2人で飲むことになったが
寮の仲間達が麻雀のメンツとしてオレを必要としていたので
ワイン1杯だけ飲んで寮へ帰宅。徹夜麻雀。
今、考えると、あの子にひどいことしたな。。



2005年・あおのり22歳
西洋文化は駄目だということで、栃木県日光東照宮まで片道3時間ドライブ。



2006年・あおのり23歳
ひとりで動物園に行く。
詳細→http://aonoristation.blog33.fc2.com/blog-entry-145.html







さて、今年はどうしようか・・・

と、ここまで書いてだが、意外にモチベーションが低い。



むしろ、クリスマスなんかより、
年末に地元に帰ってくるバカたちと飲むほうが楽しみである。
ムッシュにあたっては、年末の飲みが楽しみで筋トレをはじめたらしい(←何で)


そこまでの飲み会やクリスマスなどというイベントは
もはや消化試合ぐらいの気分である。




おい! どうした、あおのり!
戸愚呂(弟)の声が聞こえてくるぞ!

PC120387.jpg

今のお前に足りないものがある 危機感だ


PC120388.jpg

お前、もしかして彼女なんて
そのうちできるだろ
とでも思ってるんじゃないかね




こんな状態のふぬけたあおのりに喝を入れる

あおのりのおもしろいクリスマスの過ごし方、募集。


ご提案ドシドシお待ちしてます。




それにしても、戸愚呂(弟)ってすごい名前だよな・・・

もはや(弟)が名前の一部と化してしまってるんだぜ。

さすが、富樫・・・そしてハンターハンター再会未定。。



クリスマス    Comment(17)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.24 Sun
12/24 「ひとり」の物語

12月24日(日)

朝、起きたら、湯沢のアパートにいた。

そうだ。
昨日は裏磐梯グランデコにスノボしに行って、
そのまま、富岡に行って、湯沢のアパートで飲んで寝たんだ。


オレが起きたときには、もう湯沢はいなかった。
オレは身支度をして、湯沢にもらった合鍵で
施錠をしてアパートを出た。


アパートの合鍵なんて恋人同士みたい☆


男同士でアパートの合鍵ね・・・。





どうやら、今日はクリスマスイブらしい。


アパートから離れた場所に車を駐車したオレは、
富岡の町を歩く。


クリスマスの雰囲気を感じさせない町並みが
少し嬉しかった。


商店街には「旋風巻き起こせ、富岡」と書かれた

ビラみたいなものが貼られていた。



それが、少し滑稽にも見え、口元が少し緩んだ。




車のフロントガラスは少し凍っていて、
エンジンをかけて、とけるのを待った。


ガラスに張り付いた氷の結晶は

ゆっくり、しかし、あっけなくとけていった。






  挿入歌(SEAMO『マタアイマショウ』)
  
  ♪気持ちは割り切れないよ簡単に
  反対にその想いを大切にすればいい
  整理ができるまで想えばいい
  逢えなくて 側にいなくても
  想うだけ 忘れない事だけ

  ♪今まで見たことない泣き顔を見て
  僕はキミの手を握ってた
  この手を離せば もう会えないよキミと
  笑顔で別れたいから言う
  マタアイマショウ マタアイマショウ

  ♪悲しい別れがあるから、楽しいとき笑えるよな
  逃げ出さず現実受け止めた もちろんキミに出会えて良かった







車を走らせ、相馬に帰った。
空はくやしいぐらいに青く、微笑んでいた。


相馬の火力発電所の煙は空へと伸び、
雲と一体化しているように見えた。


オレは相馬を飛び越え、仙台に向かった。
次第に雲行きは悪くなり、ぱらぱら雨が落ちてきた。

それは、やがて、みぞれとなり
坂の多い住宅街を抜けるころには、雪になっていた。



あいにくのホワイトクリスマスらしい。








八木山動物園。

「大人1枚ください。」




入場券売りのおばちゃんは怪訝そうな顔もせず
ただ淡々と仕事をこなす。


ただ、なんとなく動物園に来たかったから来てみました。

ひとりで。




遠い海の向こうの地から連れてこられ、

仲間のいない『ひとり』にされて

見世物にされている動物たち。





周りはカップルばかりの中、『ひとり』不審に歩き回り、

カップル達の冷たい視線にさらされ、

見世物状態のオレ。





061224_1150~0001.jpg


勇猛な虎も寒さに身を丸め、叫ぶことを忘れている。


061224_1135~0001.jpg


キリンさんは、寒さのため屋内の狭い檻で過ごしている。

その大きな体の行き場所はどこ?




一人で写メをとってるオレ。
近くにカップルがいると、なんか恥ずかしくなってくる。

「あの人、一人で来てるよ。
 しかも、ピンクのケータイ、キモクな~い?」
「痛ぇヤツだなぁ。バカなんじゃね~の?」




幻聴が聞こえてくる。



ち、違うんだ。その、あの、

オレには、病気の彼女がいて、

その子は不治の病で病院の外には出れないんだよ。

でも、ゾウさんやキリンさんが見たいっていうから、

こうして写メで撮って、見せてあげようとしてるんだ。



そ、そういう設定でよろしく(涙)





061224_1200~0001.jpg

来年の干支、いのししって自分で土を掘るんだ・・・。


061224_1204~0002.jpg

サルの親子だ。かわいいねぇ。




雪はやんできたが、寒さは消えない。

手が冷たく、かじかんできた。



周りのカップルを見ると、みんな手をつないでいる。
あたたかく握りあっている。





  挿入歌(BUMP OF CHICKEN『スノースマイル』)

  ♪冬が寒くって本当によかった
  キミの冷えた左手を
  僕の右ポケットにお招きするための
  この上ないほどの 理由になるから





オレの両手は、どこにもお招きできないし、

フリーである。



つながっているカップルの手を

引き裂いてやりたい衝動に駆られる。










それは、ただの嫉妬。くだらない心。








そう、あなたが他の人と触れているのを見ると、

ぼくの心は、ぽきっと折れそうになってしまう。

ぼくの心は、ぐしゃっと潰れてしまいそうになる。



腹の底のほうから、湧き上がってくる何かが
逆流して体中に広がっていく。

嗚咽が漏れ、涙は闇に吸い込まれてゆく。
 



かっこつけようとしても、

かっこよくなんかなれないし、


心はくだらない方向へ傾いていく。







それじゃ、きっと駄目なんだ。




そう、周りのカップルたちは、きっと幸せなんだ。

そう、周りにはカップルばかりだ。


061224_1208~0001.jpg


ほら。


061224_1210~0001.jpg


ほら。



『ひとり』の動物なんていなかった。

どの檻にも2匹以上いる。



『ひとり』ぼっちの動物はいなかったんだ。





手をつないでくれる人は、そのうちきっと見つかるさ。

だから、心をくだらなくするのはやめよう。





そんなことを考えたクリスマス・イブ。





クリスマス    Comment(13)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.20 Wed
「孤立」と「孤独」と「孤高」

重松清「疾走」より引用

仲間がほしいのに誰もいない「ひとり」が「孤立」


「ひとり」でいるのが寂しい「ひとり」が「孤独」


誇りのある「ひとり」が「孤高」







他の364日と変わらないはずの24日は

オレは「孤高」でありたいけど、きっと「孤独」
 





クリスマス    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2006.12.18 Mon
現実は、ずれてるかもしれないだろ?


信号機の青はすすめ。

そんなこと小学校1年生でも知ってる当たり前のこと。





でも、あれは緑色。



昔は緑色を青と表現していたのかもしれない。

でも、今はみんな緑色を緑色という。


ただ、信号だけは、みんな青という。

偉い人も、頭いい人も、有名人も
みんな信号は青色だという。


それは、緑色という真実だけど、

青という現実になっている。






世の中は、そんな真実と現実がずれてることが
たくさんあるかもしれない。



結婚してケンカもせず、幸せに暮らす日々は
何も無い退屈なだけの日々なのかもしれない。


一つのことに熱中し成功をおさめる人生は
周りの世界を見れずに終わってしまう人生なのかもしれない。




物事には多面的な見方がある。

それは、個人個人の価値観によって変わってくる。









つまり、オレが言いたいことは、


クリスマスは

恋人と過ごすことだけが幸せなのかい?



一人で、家のこたつで

ぬくぬくしてるのも、幸せだろ?





クリスマス    Comment(13)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.25 Sun
西洋文化より、日本文化。

昨日は、結局、サークルの後輩と

朝5時まで飲み明かすという

クリスマスイブを過ごしました。

楽しかったですよ。


ええ、楽しかったですよ。




さて、今日は8時に起きて、栃木へ向かいました。

ミクシィネーム「雲の影」さんと「月の裏」さんと「りんこ」さんとオレの4人で、

なぜかクリスマスに栃木の日光東照宮に行ってきました。


日光東照宮。
徳川家康が祀られていて、世界文化遺産にもなっている場所である。


やはり、日本建築はすごいね。
なんといっても、造りが極め細やかで、色鮮やかである。


壁から天井まで至るところに
細かくデザインが施されているという繊細さをもちながら、


かつ、門や鳥居から感じる仰々しさは豪胆という言葉がふさわしい。



また、鳴龍(なきりゅう)という仕掛けのある間があり、

天井一面に迫力ある龍の絵が描かれている。

普通の場所で拍子木をぶつけあわせ、音を出すと、普通に聞こえる。

しかし、天井に描かれている龍の頭の部分の真下で拍子木を叩くと、
音が振動して、エコーがかかったように聞こえるのである。

それが龍が鳴いているように聞こえることから、

鳴龍と呼ばれるのだ。



普通の部屋で違いが無いように見えるのだが、

龍の頭の真下の部分だけ音が響く。不思議だね。





日本文化は壮麗荘厳である。


ここまで巨大な芸術作品は

見ているだけで感動させられる。





帰るころには、すっかり暗くなっていて、街の明かりが綺麗に光っていた。
街はテレビが言うほどクリスマス一色ではなく、普通の平穏な時間が流れていた。


逆にそれがまぶしく見えたりもした。





なんか、そんな光を見つつ、いろいろなことを考えた。





世の中には「届く想い」と「届かない想い」ってのがあって、
たぶん「届かない想い」のほうが多いんだろうなってことや、


なんでもがんばってる人には、彼氏彼女がいて
日々をごまかしながら生きてるおれにはいないなって
当たり前のこととか、


最近オレは、はにかんでないなとか


あっという間に過ぎてゆく時間とか、


通じ合えてる二人の距離とか、やさしさとか、


かっこ悪い自分とか。




なんか、珍しくまともな、くさい文章だけど

今日は久しぶりに

クリスマスってことを忘れて、

楽しめたクリスマスでした。。

クリスマス    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2005.12.24 Sat
セイント聖夜

まぁ、今日という日のこの時間にネットに向かっている時点で

私は負け組みですよ。。。



今日もいつもどおり、昼ぐらいに起きて、納豆ご飯を食べて
卒論の本を借りるため、図書館に行きました。

学校の中を歩くと、いつもより人が少ない気がして

さびしかったです。。




図書館で中に入ろうと、ゲートに学生証を通すと、

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜかエラー!!!


そうか、おれは機械にすら、

相手にしてもらえないんだな。。。






ま、今日は聖夜だし、いい子にしてれば、
サンタさんがきてくれるよね。






サンタさんへ。


今、おれがほしいものベスト5




第5位 中型二輪免許

    ビッグスクーターにのりたいなぁ。。






第4位 自動麻雀卓

    部屋にあったら素敵だよね。。




第3位 日本中にあるすべての

  イルミネーションを消す魔法
 


    ひがみ以外の何ものでもない発想・・・

  ひどい・・・




第2位 卒論の完成原稿

     切実に!!! 




第1位 奇跡
   
  おねがい!! どうにか今夜、起きて!!



クリスマス    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。