よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2017.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.05≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「こころのノート 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.02.02 Tue
10 years ago

気づけば、もうすぐ10年だ。

働きはじめ、10年。


あの学生を卒業した日、

オレは死んだと思った。



つまらない束縛された日常になっていくんだと。



それなりの日々が過ぎ、それなりの人生がすすんだ。


早歩きで。 進んだ。


見ていたはずの景色は、気づくと遥か後方へと過ぎ去っていく。



星空を見上げる日々は減った。


今日、子どもが言った。



「お星さま、きれい!」


冬の澄んだ空気は、一層の輝きを星に与える。


星の数ほどの選択の連続。

オレは何を選んで、何を捨ててきたのか。



正解などどこにもない。


いつだって今だ。







10年の間に

「またね」と言ったまま、


それが「さよなら」になってしまった人が何十人いたのだろうか。






明日も仕事。



スポンサーサイト

こころのノート    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.12.04 Sat
とけてゆく毎日

いつか終わりがあるものだと分かっていても

そのゴールはずっと先にある気がして

限りのあるものを無駄遣い。



毎日という時間が

無駄に浪費されていくことに

何か忙しい理由を探し

手際良く事務処理のように

毎日がとけてゆく


それは一瞬でとけて消える儚くきれいな雪なのか

それは春までずっととけない汚くも強い雪なのか



分からないうちにとけてゆく


こころのノート    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2010.09.11 Sat
弔いの唄


どこにも分類出来ない気持ちがないですか。


空が近くて遠いように・・・


ポートガス・D・エースが死に際に言った
「愛してくれてありがとう・・・」のような重みの・・・


電車が通り過ぎる直前の踏切に立つような・・・


服が透けて見えるメガネの開発を待ち望むような・・・


もう寝るために「おやすみなさい」を口にする時のような・・・


フリーザが100体いるぐらいの絶望を感じたような・・・


一瞬でうつろう女心のような・・・


初めて女の子と手をつないだ時の言いようのないドキドキとか・・・


夜中、チャリを走らせたムッシュの純粋な気持ちのような・・・



行き場もなく飛散していく答えのないエモーション。





こころのノート    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.23 Mon
夏の終わり・・・


ラジオ体操はいつも寝坊・・・


少し涼んだ夜、屋上で眺める星空・・・


調子に乗って話す怪談話・・・


玄関先に置いたカブトムシの虫かごがちょっと臭い・・・


すいかが赤い・・・


ひと夏のアバンチュールなど幻想であるといつも気付く・・・


キャンプで虫にさされまくり、かゆい・・・


河原の冷たい水が心地よい・・・


日影が涼しさが嬉しくなる猛暑・・・


線香花火の競争しても
最初に落ちるでもなく最後に落ちるわけでもなく・・・


涙はとめどなく・・・


蝉はミーンミンミンミー、ツクツクホーシ・・・




終わらない宿題・・・終わる夏・・・



こころのノート    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2010.05.22 Sat
一の位置
星空を見上げた時に

自分の位置はどこだか分かんないっす。



星座って誰かが勝手に妄想で

くっつけた形にすぎないわけじゃん。


誰かが笑い飛ばしたら

すぐに吹き飛ぶような・・・。



星はみんな遠く離れてるよ。

孤独なんだよ。

でも、光ってるよ。


例え、肉眼では見えなくとも。。。。





AV女優は整形だなんて、そんな夢のないこと言うなって!




こころのノート    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2010.05.02 Sun
想い出をひとかけらだけ残して空にかえすから

幼かったあの頃

自転車をこいで山に向かった。



ちょうちょをつかまえたんだ。

あみも虫かごもなく


その小さな右手と左手でぎゅっと閉じ込めた。




ひらひらと飛ぶきれいな蝶をつかまえた満足感。



しかし、このままでは右手と左手が使えない。

自転車にのって家に帰ることもできない。



仕方なく、蝶と出会えた喜びだけ残して


蝶を空にかえそうとした。




でも、もう二度と出会えないかもしれないこの蝶を

はなしてしまうのは怖かった。





空にかえしてあげよう。


勇気をふりしぼって手をあけた。



手の中には、もう、蝶はいなかった。




こころのノート    Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

2008.05.20 Tue
誇りを持つために闘うことも必要なのさ。ぽいずん。

みんなが笑って過ごせる世界になったらいいのにな。

でも、そんな世界はない。


しかし、そんな世界がぼくたちの目標でなければ成長しない。



みんなが笑って過ごせる世界を1とするならば、

絶対に1にならないと分かっていても

0.999999999999・・・とずっと9を続けていけるよう努力を。





あ、河童がきゅうり食べてる。




あうあうって感じ・・・。



頭が三角になっちまうぜ~!!!



そんなの「あばよ!」だ!!!!





こころのノート    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。