よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2008.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  2008.03≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「 2008年02月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.02.28 Thu
世は大合コン時代を迎える・・・

ヤフーニュース「自治体が悩める男女に合コン主催」↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080211-00000008-gen-ent


ついに行政が動く時代になったか・・・。
どうも、あおのりです。


オレが流行を先どって、「合コン」「合コン」言ってたのが分かってもらえたでしょうか?


「合コンをする」
→「カップルがいっぱいできる」
→「子どもがいっぱい生まれる」
→「少子化問題解決」



「合コンをする」
→「たくさんの人が飲食店で飲み食いする」
→「飲食店繁盛」
→「地域活性化」



「合コンをする」
→「飲み食いに、おしゃれに金がかかる」
→「金を稼ぐために働かなければならない」
→「ニート問題解決」



「合コンをする」
→「カップルになる」
→「二人で静かな田舎の温泉に旅行に行く」
→「田舎のよさが分かる」
→「田舎が気に入って移り住む」
→「過疎化問題解決」



「合コンをする」
→「日本で合コン大流行」
→「外国メディアがとりあげる」
→「外国人が合コン体験をしに日本へ来る」
→「みんな日本を好きになる」
→「外交問題解決」



「合コンをする」
→「なんか、たぶんいい感じになる」
→「年金記録問題解決」



「合コンをする」
→「みんな幸せ」
→「世界平和」



いいことづくめの世の中になっていくじゃねぇか。


スポンサーサイト

合コン普及委員会    Comment(13)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.25 Mon
大ヒット御礼! 250回記念スペシャル!

今回で、このブログも250回目です。あきっぽいオレがよく続けてるよ。。


最近、この「あおのり日記」のアクセス数が増えました!

右側のカウンターで数えてたんですが、
だいたい1日に70ヒットぐらいで
日記を更新した日は170ヒットぐらいでした。

それが、廃道歩きのサイト「山さ行がねが」さんにリンクを貼ってもらったら、
突然1日に700ヒットになりました。

す・・・すごい・・・「山行が」効果・・・!



最大850ぐらいの火もありましたが、まぁ、そんなのも一瞬で、
どんどん落ちてきて200ぐらいに落ちついています。


訪問者数が多いから、下ネタは控えようかなと
臆病な考えが浮かんでしまい、以前から構想してあったネタ
「自慰行為について、少しだけ本気で考えてみた」
お蔵入りになってる状態です。




これを公開することで「妄想恋物語」で感動してくれた女性読者たちが
ドン引きするのではないかと、腑抜けた考えになってしまっています。

ムッシュさん、喝をいれてください。





あと、別な話ですが、
NHKの「熱中時間」という番組で「山さ行がねが」の管理人
廃道界のカリスマ、ヨッキれんさんの特集が再放送されます。
廃道の楽しさが少し分かってもらえるかもしれません。

3月12日 22:45~23:00 または 3月18日 2:45~3:00

その番組の中で、
もしかしたらオレも一瞬だけ静止画像で、出るかもしれません。
たぶん出ません。もしかしたら一瞬出ます。





あと、最近すごい悩んだこと。


ドタキャンされた合コンは数知れず。
返ってこないメールも数知れず。

合コンウォリアー、じゅんぺ~からある情報がもたらされた。


福島テレビ主催
「週末の奇跡」合コンバスツアー参加者募集!

詳細→http://www.kfb.co.jp/tv/bus/


これ、出るしかねーだろー!!


見知らぬ男女が1泊2日で福島県の観光スポットやレジャースポットをまわり、
恋心を抱いていく、福島県版「あいのり」みたいな感じです。


上に書いてある福島テレビのホームページを見てもらえれば
分かりますがキャッチフレーズ的なのが、

「土曜日に出逢って、
日曜日に愛の告白。そして月曜日に始まる恋」



どんだけ、無茶ぶりなんだよ・・・!


そして、ゲストの恋のキューピッドは、
たけし軍団井出らっきょなべやかん

どんな方向性の番組なのだろうか。




とりあえず、応募用紙をダウンロードしたが、大きな問題があった。
収録日が、アディクションズの隊長ゆってぃの結婚式と一緒の日だった。


悩んだ。

普通に考えて、100人中、99人が悩まずに結婚式に行く。
悩む時点で正気の沙汰じゃないのは分かってる。


もし、これで、合コンバスツアー行ったら、本当の意味で
合コンの鬼と呼ばれることになるであろう。


行くんだ・・・。

P2250523.jpg

ゆってぃにとって、一生に一度の結婚式なのよ!!


P2250524.jpg

いいから、合コンだ!!

P2250525.jpg

くそっ・・・どうしてだ・・・なぜ、この日に・・・

P2250526.jpg

女の子たちから、ドン引きされてもいい・・・!
結婚式の2次会の出会いでアドレス交換できなくてもいい・・・!


P2250527.jpg

やっと、つかんだチャンスなんだ・・・!




などと考えたが、ゆってぃの結婚式に行くことにした。

数々の合コンの修羅場を越えてきた戦友の引退に祝福を。




ということで、
誰かオレの遺志を継いで行ってくれる人募集!

個人的にマイミクで言うならば、
ナオティンさん、けんぱちさん、ドゥ座衛門さん、クリエさん、
雲の影さん、をぬまさん、毛もじゃさん、ユウコウさん

あたりに行ってほしいです。



合コン普及委員会    Comment(19)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.20 Wed
バレンタインデー・奇譚

無事、退院しオレは会社にいった。



入院してたときの仕事を整理していると、


ふと机の中に青いパッケージの箱があるのを見つけた。


先週はバレンタINなんとか・・・

まさか、これは・・・

ドドドドドドド!!!(効果音)




①あけると爆発する仕組みになっている。


②中国産・農薬入りのアレ


うんこ


④「ち」で始まって「こ」で終わる
 かたかったり、やわらかかったりする
 女の子も大好きな例のアレ。



ここは③の可能性が大きいが、時期的なものも
かんがみれば、やはりこれは④のち○この可能性が・・・


ラッピングのシールに「Chocolate」の文字!


そんな中学生や高校生じゃないんだから、
机の中にチョコなんてドキドキが・・・。


誰がくれたのか名前はついていない・・・

誰だ・・・?


同じ課の女の先輩に聞いてみた。
入院中にもらった「女性職員一同」のチョコだけで
そんなチョコは知らないといわれる。


同期の子に聞いてみた。
「私がそんなものあげると思う?」
そのとおりだ。


まさか、オレの隠れファンか・・・
ついにオレの時代が・・・








先輩「そういえば、この前の仕事のとき
一緒だったキヌちゃん(仮名・65歳)
お世話になりましたってチョコ置いてったから
机の中にいれといたから。」



「あ、そうなんですか・・・。」



うん。大丈夫。
もともとバレンタインデーに対して
何も期待してなかったから何も感じてないよ。

キヌちゃんのやさしさに乾杯だから。ホントに。

ちょっとでも舞い上がったりしてないから。うん。


愉快な日常    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.19 Tue
あおのり入院日記(後編)

入院3日目

腰が痛くて、ほとんど寝れずに朝を迎える。

痛み止めの薬を飲んで少し落ちつく。

そうすると今度はひま・・・。

膨大なヒマな時間がくる。

人間ヒマだと、哲学的な考えをはじめてしまう。


人が子孫を繁栄させるだけならば、性行為さえすればいい。
恋愛感情など必要ないのではないか?
なぜ神は人を創造したとき、恋愛感情など余分なものを与えた?
しかしこの感情があるからこそ、生きている実感もあるのも確かだ。

意味の分からないラビリンスへ迷い込んで行く。


まぁ、そんなことはどうでもいいとしてそういえば、世間はバレンタインデー。

P2170515.jpg

入院してよーがもらえねー奴はもらえねーんだよ。バカヤロウ。

文句を行っていたのは青田さん。
一番寂しそうだったのも青田さんでした・・・。





夜、職場の男の先輩がお見舞いに来てくれた。

そこで渡されたのは
「課の女性職員一同」というチョコレート。



うわぁ~・・・

男の先輩経由で女性職員一同チョコ来ちゃったぁ。


失礼なこと言ってすいません。すごくありがたいです。

本来ならば、今ごろ職場の机の上に花びんがかざってあって
パソコン立ち上げたら、
デスクトップにモノクロのオレの写真が設定されてるぐらいの
嫌がらせを受けても仕方ないオレという生物にたいし、
チョコをくださって本当にありがたいんですが



なぜか、負けた気分・・・。



入院4日目

入院してから読み始めた文庫本は、すでに3冊目を読み終えようとしていた。

「重松清」という作家の作品が好きだ。ずっとこの人の小説を読んでいた。
それについて書きたいこともあるんですけど、また後日。


なんとかゆっくりだけど歩けるようになったので





電車。

大丈夫か・・・オレ?



駅。
腰をかばいながら、のっそり歩くオレを周りは足早に抜かし去って行く。

発車間際に電車にのったため座席があいていない。
駅構内を歩いただけでかなり力を使ったオレは座りたかった。


2人がけの優先席で、女子高生がケータイをながめている。
ハーパンを履いていなかったらパンツ丸見えのすごい格好でだ。


なんて嘆かわしい世の中なんだ・・・。


でも、オレは腰が痛いが、見た目はなんともない健康な若者でしかない。
今、退院したばかりですを証明するようなものは何もない。


それを言えば、この女子高生だって、
「妊娠3ヶ月目です」ぐらいの
優先席に座るような理由があるのかもしれない。



とりあえず、手すりにつかまりながら必死にたえる。


少し都市部を離れると、人が少なくなってくる。
開いた席に座ろうとするが、

ゆっくり動くオレに対しておばちゃんはかなり早い。

イス取りゲームに負けてしまう。



さらに進むとやっと競争相手がいなくなってくる。

ボックス席に相席しようとするが、おばちゃんたちは
隣に座られまいと、さっと荷物を置く。

ばばぁ!!!


「あの、ここ座ってもよろしいですか?」
少し嫌そうに「あ、はい、どうぞ。」と荷物をどける。

手すりをにぎっていた手には、汗がにじんでいた。



相変わらず腰は痛い。
座ったり立ったりに、一苦労だ。


がんばって、あおのりくん。
P2170510.jpg

このリハビリをやり遂げたら、待ってるから。
P2170511.jpg

大好きな合コンが待ってるから。
P2170512.jpg

変態ですから!


愉快な日常    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.18 Mon
あおのり入院日記(前編)

どうも、こんにちは。
先日、ちょっと3泊4日で
ふらっと入院してきました。
あおのりです。




やった。会社さぼれんじゃんラッキー♪ぐらいの気分で行ってきました。



入院1日目。
レントゲンとってみたり、心電図とったり、採血してみたり。



入院2日目。

全身麻酔かけられた。
「はい、点滴はじまったら、すぐ眠くなりますね~。」

・・・目の前の景色がゆがんできた。。

あっ・・・。




「はい、終わりましたよ~。」


一瞬!!

点滴を入れられて記憶があるのは10秒程度だけ。
真っ暗になったと思ったら、終わってた。。実際には3時間経過してる。
キングクリムゾンで時間が消し飛ばされたかと思うぐらいすぐだった。


起きて感覚が戻ってきたころ、
P2170504.jpg

ぬ・・・腰が痛ぇ・・・。

医者「どこか痛むところはありますか?」
オレ「腰がちょっと・・・」


P2170506.jpg

医者「腰のどこ? どんな痛みですか?」
オレ「ビキっと痛くなります。」

P2170507.jpg

選手生命に関わるわよ・・・


選手・・・生命・・・?
P2170508.jpg

もう、合コンは終わりってこと・・・?





しかし、それだけではなかった。もう一つ手術前と違ってることが・・・




看護婦「手術してるときに入れておいたんです。」
オレ「何を?」
(言わないで・・・)

P2170509.jpg

おしっこのくだ―――!!



オレの排尿器官から管がのびている。
ぎゃ――――――!!!




しかし、体は言うことを聞かない。。
腰が痛くて起き上がることすらできない。

輸血。抗生剤。点滴。

苦痛の3時間。



医者「そろそろ水、飲んでもいいですよ~」

やった・・・。15時間ぶりに水が飲める。。


寝たきりの状態で、枕元でコップをもっててもらいストローで飲む。

寝たきりって・・・辛いんだな・・・。


夜ごはん。
ベッドを起こして、ななめの体勢で食う。
ちくしょう。握力もねぇ。ごはん茶碗もつ手が震える。。

ポカリをなかなか開けられなかった三井状態だ・・・。



看護婦さん「そろそろ立ち上がれますよね?」

確かに痛み止めを飲んだおかげで幾分痛みは和らいできた。
ゆっくり時間をかけて立ち上がる。

「大丈夫ですねぇ。 おしっこの管ぬいちゃいましょ。」


かわいい顔してさらっと言ってくれるぜ・・・。


じゃあ、ズボンとパンツ脱がせますねぇ。

はい、ぬきますよ~。

ぬくとき、ちょっと変な感じしますよ~。


看護婦さんにされるがままに、排尿器官をもてあそばれる。
しかし、当のオレは腰の痛みでそれどころではない。



少し落ちつくと歩けそうな感じになってきた。

ちょっと休憩室まで行こう。
ゆっくり立ち上がり、点滴のスタンドをひっぱりながら
カタツムリのようにゆっくりのっそりと歩く。
ノトーリアスBIGにとどめを刺すトリッシュのようにゆっくりと。


休憩室行って、けーたいで誰かに電話かけて、なぐさめてもらおう。



看護婦さん「あ、ちょっと待ってください。
なんかズボンに血がついてます。」



え(゚△゚lll)ノ?



医者「あ~、、、手術部位から、また血が出てますね~。
ちょっと痛いですけど圧迫して止めるしかないですね。。」


うつぶせになって腰を押される。


ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


圧迫固定され、あおむけで寝てるように言われる。


この夜、どこでも寝れる男、あおのりはほとんど寝れなかった。
寝返りすらうてず、病院の恐ろしい夜がふけてゆく。。。

入院後半戦へつづく・・。



愉快な日常    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.15 Fri
2月の妄想恋物語

「ミキちゃん、今日もかわいい♡」
 毎朝、おまじないのように鏡の中の自分に言葉をかける。

『きれいになるためには、自分に自信をもつことが大事』
 non-noの今月号の特集にそう書いてあった。きちんとメイクした自分を素直にほめてあげることが大事みたい。

「ミキちゃん、今日もかわいい♡」
 もう一度つぶやいてみる。でも、今日は目の下のクマが隠しきれてないみたい。昨日、夜遅くまでチョコを作っていたから。


 いろいろ迷ったあげくホワイトチョコレートにすることにした。あの白さが私の気持ちを届けるのに一番ぴったりな気がするから。カカオ豆の苦い部分を一切とりのぞき、砂糖を混ぜた甘い甘いチョコレート。

 お姉ちゃんは正反対のビターチョコレートを作っていた。彼氏はコーヒーはブラックが好きな大人だから、大人のチョコをあげるんだって。カカオ分70%の苦いチョコレート。

 甘いほうがいいじゃん。私は天使のように白いホワイトチョコレートをタカシくんにあげるんだ。この胸の中の気持ちも一緒に。



 タカシくんのことはいつも見ている。いや追っかけまわしてる。だってタカシくんはカッコいいから。

 背の高いタカシくんはバスケ部。いつもミサとヨッコと一緒に体育館へ行って見ている。
 二人はアキラくんのほうがカッコいいっていう。でも私は断然、タカシくん! タカシくんがゴールを決めるたびキャーキャー言ってる。


 タカシくんもそれに気づいてる。そして、そんな私から逃げようとしてることにも気づいてる。



 でも、だからといって、この私の中のあふれんばかりのこの気持ちをどうしたらいいのかも分からない。やっぱりタカシくんを追っかけるしかない。私のモットーは、前向きに体当たり。


 いつか、いつかこの気持ちに応えてくれる。


 そう、信じて。




 つまらない授業。
 数学のせんせー、堂島はいつものハイテンションで今日も熱弁を奮う。今年のセンター試験の傾向はあーだこーだ。キミ達も一年後に向けて今から取り掛からないといけなぁ~い!
 前から三列目の席の私にまでつばが飛んできそうな勢いだ。進学と就職が半々ぐらいのこの高校でよく言うよ。

 そもそも、一年も先の話なんて聞いてらんないし、今は目の前のバレンタインデー。


 どのタイミングでチョコを渡そうかを考えるほうが大事だ。下駄箱に入れるってのも考えたけど、そんなの私らしくない。直接渡したい。だとしたら放課後。部活の前がいいのか。後がいいのか。それ以前にどっかに呼び出したほうがいいのか。あれこれ考えてしまう。


 チョコを渡されたタカシくんはなんて言うだろう。「オレも前からミキのことが」なんては言わないだろう。それでもまんざらでもなく赤くなったりしないかな。妄想だけが膨らんでいってしまう。



「じゃあ、試しにこの問題をみなさん解いてみてください。誰かに前に出て解いてもらいますからね。」
 堂島のダミ声が妄想の邪魔をする。


 はぁ。机の周りを歩いてくるので問題を解くフリをする。

 え~と。問い5。円の中にある2つの平行な線分PQとRS。この線分に垂直な・・・。問題を読むだけで気がめいってくる。私はいつも『平行』という言葉に目がとまってしまう。


 『平行』の定義。どこまで行っても交わることのない2つの直線。


 もし、私の歩く道とタカシくんの歩く道が平行であるならば、いつまでたっても一緒になることはない。永遠にどこまでも縮まらない距離。


 どこまでも、どこまでも歩いても。





 夜。こたつに入りながら、ボーっとどうでもいいお笑い番組を見る。

「チョコレート余ったから食べない?」
 お姉ちゃんが苦いビターチョコレートをもってくる。

「いらない・・・。」

「なんで、あんたそんな死んだ顔してんの?」

 私は今、露骨にそんな顔をしている。


 結局、部活の後、タカシくんを呼び出した。ホワイトチョコと一緒に私の気持ちもはっきりと伝えた。心臓バクバクでもう何を言ったか覚えていない。自分がどんな顔をしていたのかも分からない。覚えているのはタカシくんが言った一言だけ。



「ウレシイケド、ゴメン。ヤッパリミキチャンハ、トモダチダカラ。」



 片仮名で書かれた言葉のように無機質な音だけが耳に残っている。そして何度も頭の中まで響いて繰り返される。



 何で? 何でこんなに私は好きなのに、タカシくんは私を好きになってくれないの?


 どうしたらタカシくんの好きなタイプになれるの?


 タカシくんには好きな人がいるんじゃないの?


 答えの出ることのない問いが頭の中をめぐる。数学のように1+1=2、2+2=4なんて揺るぎない答えの出ることのほうが、世の中にはめずらしいことを、17歳にもなれば分かってしまう。


「ねぇ、お姉ちゃん。もし自分の歩く道と彼氏の歩く道がどこまでも交わらない平行な直線だったらどうする?」

 お姉ちゃんは「は?」みたいな顔をしてから、一息おいて答える。


「いいことじゃない。もし平行じゃない直線だったら、一度交わってしまった後はずっと離れ続けていくだけなんだから。」

 よく考えてみればそれもそうだ。きょとんとした私を置いてお姉ちゃんは続ける。


「隣り合わせの平行な道がいいかな。『平行』っていうよりは『並行』。並んで歩くの。私の歩く道と彼の歩く道はあくまで別だけど、ずっと隣を歩いていてほしい感じかな。」


「そっかぁ。」曖昧な返事をする。


 少しだけ思い出した。ゴメンと言われてから、いろいろ引き下がり「チョコは自信作だから、ちゃんと食べてね。」と言った後「うん。食べるよ。ありがとう。」と言ったときのタカシくんの優しい顔を。

 これから、どうしよう。



 つきあえるまでがんばるのか。あきらめるのか。やっぱり、すぐには分からない。とりあえず明日の朝会ったら、今までと変わらず元気よく「おはよう」は言おう。それだけは決めた。




 ストーブの熱で、お姉ちゃんがテーブルの上に置いたチョコが少しずつゆがんできた。ひとかけらだけそのチョコをとり、口の中へ運ぶ。


 ビターチョコの苦味が口の中いっぱいにひろがっていった。



12色の妄想恋物語    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.11 Mon
バレンタインに確実にチョコをもらう方法

P2100498.jpg

そんなオイシイ話あるわけないよなぁ。。。


昨年も論じましたが、バレンタインにおける格差が深刻です。
第158話「格差社会問題について考える」
http://aonoristation.blog33.fc2.com/blog-entry-163.html


もらえないものは、もう開き直りましょう。

070312_1930~0001

チョコなんて単なるカカオじゃねーか!
太るから食べないんだ! それのどこが悪い!








P2100499.jpg


P2100500.jpg


P2100502.jpg


P2100503_20080211031015.jpg




男と女と恋愛と    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2008.02.08 Fri
ぶらり族日記~静岡県トモロ岬


どうも、こんばんは。

朝、ふと気づいたら家から400キロも離れた場所にいた。
みなさん、そんな経験はありませんか?


ないですよね・・・。あおのりです。




2008/2/2


この日、オレは朝日をなぜか静岡県で迎えてました。

前日、仕事が終わった後、夜11時に相馬を出発し、東京で少し迷いながら
一睡もせず、ほとんどトイレ以外休まず、朝7時静岡まで来てしまいました。。。


今、日本で最も有名な(たぶん)廃道サイト「山さ行がねが」
廃道探索オフ会
静岡県の東伊豆町において、行われるので思いきって静岡まで行きました。

参考:山さ行がねが→http://yamaiga.com/index.html



金曜の夜、行くかどうか悩んでたけど、
まぁ土日の予定ないし、いっかぁ。と400キロ以上のドライブしました。




集合場所は海沿いの神社の駐車場。

しかし、神社が見つけられない。
オレの地図では縮尺が大きすぎて場所が分からない。
前日の夜にネットでちらっとみたヤフー地図の記憶だけがたより・・・。


「山さ行がねが」の管理人さんに連絡とって聞いてみるか・・。


いや、ダメだ!
ハンター試験のように会場を見つけることが試験だ。


ここで集合場所を見つけられないようじゃ、
「山行が」のオフ会にまざる資格はねぇ。。



また、よく分からない自分ルールを持ち出し、気合いで神社を見つけました。。



待ち合わせより1時間以上早くついた。
一睡もしてないので一眠りしようとしたが、寝れなかった。

「山行が」の管理人、ヨッキれんさんに会える。

サッカー界の中田、野球界のイチロー、廃道界のヨッキれん
そのぐらいの廃道界のカリスマだとオレは思っている。



マニアックな話すぎて、
みんな分かんないよね・・・。


きっと、とんねるずの細かすぎて伝わらないモノマネで
くじらが「廃道スターシリーズ」とかやったら、確実に出てくる人です。


ごめん。さらにマニアックすぎて分からないですよね。。


とりあえず、数多の修羅場を乗り越え冒険してきたすごい人なんです。
昨年NHKBSの「熱中時間」という番組で特集されて出演してるぐらいの人です。




集合時間1時間以上前なのに、そこに一人の男がいた。
オフ会に混ざりに来た同志かなと思って声をかけてみた。
「あの、山行がの・・・?」
「あ、どうも。ヨッキれんです。」


P2050498.jpg

この人が神か!!!
サイトの山レポートのから、もっと荒っぽい感じの人の
イメージをしていたのになんてさわやかなんだ・・・。


「時間もありますんで、今日行くところの下見に海岸線を歩いてみますか?」

神のおおすままに。

でも、どっから海岸線に下りるんだ・・・?

「この辺から下りれそうですね。」


まるで家の庭を歩くかのように、
斜面を降下してゆくヨッキれんさん。


ついていこう。
この1年間、福島の廃道を歩いてきた成果が試されるぞ。


P2020432.jpg

大きな岩がごろごろしている海岸線を歩く。
足場の岩が微妙なバランスのところをひょいひょい跳んで行く。

さすが、ヨッキさんだ。

は・・・2人きりで廃道デート・・・。私、ドキドキしちゃう。。


って、女子か!!



そうそう、今回の廃道探索は、旧国道135号のトモロ岬周辺。
旧道は昭和53年の伊豆大島沖地震で消失したとのこと。

もう、オレの生まれる前に消失している道である。

トモロ岬7

この絵で理解しろというのが無理な話なんですが
地震によってほとんどの部分で土砂崩れしにより、斜面化し
隧道部分はある程度現存している。

詳しくは→http://yamaiga.com/road/r135_tomoro/main.html
ヨッキれんさんが去年探索したときのレポートです。


r135_tomoro_24.jpg

※山さ行がねがより加工して引用。

このように元々急な地形であり、旧道は緑に飲み込まれています。
今回のオフ会の目的は真ん中の
土砂に飲み込まれている城東隧道の内部に潜入しようというもの。



そんなトモロ岬の旧道に集まる同士たちが多数。総勢10人ぐらいが集まる。

P2020440.jpg

手前が「謎の元自衛官」さん
背中にスコップ、ヘッドライトにヘルメット、なかなかの装備だ・・・。

かたやオレは、いつものプーマジャージ
農業用ゴム長ぐつを履いているだけ。


しかも相手は神に元自衛官たち。体力的にも不安が出てくる。

果たしてついていけるのか・・・?



ビビリながらも廃キングスタート!

P2020443.jpg

すでに元道路的な要素見当たりません。

素人オレでは立ち止まってしまうべきところを、すいすい進んでいく。



P2020446.jpg

黒根隧道到達。いやぁ素晴らしい。

崩れた土砂が流入しています。



そして、この隧道の中にすごいものがあるんです。

三十年も前に起きた地震のとき、ある車はトンネルの中を走行していた。
地震により、前の道も、後ろの道も崩れた。

このトンネルだけが奇跡的に残った。
人は脱出できたが、
修繕されなかった道路とともに車は取り残された。



P2020447.jpg

これです。

P2020449.jpg

30年間潮風が吹き込む場所に車を放置すると
どうも溶けてしまうようです。




まだ、ここは通過点に過ぎないので先へ・・・

P2020451.jpg

いやぁ、トンネルの向こうの世界も
素敵な景色が広がってるなぁ。。



P2020454.jpg

ほら、ガードレールだよ。
ガードレールないと危険だもんね。



P2020455.jpg

ファンタスティック。


P2020457.jpg

制限速度は30キロのようです。


P2020458.jpg

トモロ岬が見えてきました。


そして、探索隊はついに目的の城東隧道到着。

P2020461.jpg

この部分しか見えてませんが。

土砂崩れにより、9割方埋まってます。




仕方ない・・・。

P2020464.jpg

掘るか・・・!!


今回のメインの目的は、この城東隧道を掘って内部に入ってみること。


発想が違うぜ・・・!

とてもチキンなオレには出てこない発想だ。
ゆるやかとはいえ、こんな斜面において、土砂崩れした場所を掘ろうなんて・・・さすがや・・・。


そういえば3代目ジョジョも言ってたよ。
「道というものは自分で切りひらくものだ」と。

5代目ジョジョも言ってたよ。
「覚悟とは暗闇の荒野に進むべき道を切りひらくことだ」ってね。


P2020466.jpg

穴あいたぁ!!
中は空洞になっていたので、ある程度掘ると貫通しました。
ほとんど掘ったのは、よっきさん、元自衛官さん、隊長さんでしたが・・・。お疲れ様でした。


この穴崩れたらどうしようとか
くだらない考えは捨て内部へ突入!


P2020469.jpg

この30年近くの間、誰も侵入してないだろう聖地。


あ、うん。大丈夫。
自分で危険思考入ってるのは理解してるから。



内部はトンネルを突き破って土砂が流入。すぐに行き止まりだ。

ここまでの暴力的な力の自然もすごいし、
ここに道を作った暴力的な人間もすごいね。



午後からは河津町の鉱山跡にも行きました。
さらっとだけ紹介しときます。

P2020482.jpg

怪しい集団が怪しい穴に吸い込まれていきます。。

P2020490.jpg

わぁ。コウモリさんだ。

K0wmYJeCKrCq0cac1o03ks3CwibY01.jpg

地下水が怪しい輝きをはなっています。
この写真は同行したみつさん撮影のものです。オレのちゃちぃカメラでは写せなかったので。。
ありがとうございましたぁ。。


その後、温泉入って、廃道の疲れをおとし飯食って解散しました。

充実したときを過ごせました。
よっきさん、みなさんお世話になりました。
また行きましょう! 山へ。






一方、そのころ福島の旅仲間じゅんぺ~
ひっそりと三度目の留年を決め、
ピエロの座を揺るがないものにしていた。



これで、また山へ行けるな! いつでも準備しとけよ。

あと、そろそろ車の免許とれよ!
おまえは今まで6年間も何をしていたんだ!




廃道を歩く    Comment(12)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。