よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2008.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2008.07≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「 2008年06月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.06.29 Sun
5月の妄想恋物語

 「五月晴れ」という言葉を聞いたことはあるが、それがどういう天気をさしているのか、無知なオレには分からない。

 オレが分かっているのは、今、自分が五月病だろうということぐらいだ。入社して1ヶ月、少し慣れてきたのと、ゴールデンウイークあけということもあって、モチベーションが上がらない。ゴールデンウイークも土日と重なり、たいしてありがたみのないゴールデンウイークだった。彼女もできない学生のころのバカ仲間で集まって飲んだくれただけのちょっとした休み、そんな感じだった。



「コウジくん、五月病? ボーっとしすぎじゃない?」
 その声は、午後の退屈な眠気をすべて吹き飛ばす。この声を聞くために仕事に来ているような気さえしてくる。

「あ、すいません、まなみさん。なぁんかイマイチ集中力が続かなくて・・・」
 社会人としてまるで自覚がないような答えを返すオレに、まなみさんはそれを包み込むかのような笑顔で応えてくれる。

「今日は金曜日だし、仕事終わったら飲み会なんだから、もう少ししっかりがんばろ☆」
「はい、がんばります。」

 小学校に入ったばかりの一年生のような単純さでやる気を出す。きっと男は何歳になっても単純なのだろうなとふと思ってしまう。




 まなみさんは去年入社したばかりの1つ年上の先輩だが、仕事バリバリの「できる女」的な感じだ。そんな「できる女」のまなみさんの見せる屈託のない幼くさえ見えてくる笑い顔にオレは一目ぼれしてしまった。


 一目ぼれと女友達に言うと、「そんなの見た目で決めてるだけじゃん! これだから男って奴は」と小言を言われた。「お前だってエグザイルの新しい人かっこいい、かっこいい言ってるじゃねーか。それも結局見た目だろ?」と文句を言いたくなったがめんどくさいのでやめた。

 一目ぼれというのは、見た目とかそういうのを越えてる気がする。その人の性格、考え方とかから由来する雰囲気は、見た目ににじみ出てしまう気がする。必ずしもそうではないだろうが、そういう雰囲気が自分とぴったりだと感じてしまうのが一目ぼれなんだろうなと思う。



 ただの思い込みだと言われればそれまでだが、オレはその直感を信じたい。





 まぁ、何はともあれ、今日は職場の飲み会だ。何か、もっとまなみさんと親密になれるチャンスがないかという下心がぬぐえない。


 しかし、そんな甘い思いは簡単に粉砕されてしまう。
 お決まりの部長の長いあいさつがすみ、課長の乾杯で始まると、すぐに係長からの説教が始まる。一口飲んだだけで、もう酔っ払ってしまったのかと思うぐらいの勢いで話してくる。「お前はまだ学生気分が抜けていない。接客態度が甘い。そもそも敬語が使えてない。オレの若いころは~」ドラマとか漫画に出てきそうなぐらいの王道パターンで、20年前の思い出話が始まる。

 まなみさんはと言うと、部長の隣でポン酒をついでいる。まなみさんは、人の話を聞くのがうまいというか、褒めるのがうまいというか、部長はかなり上機嫌だ。

 かたやオレは、係長の話に相づちを打つことしかできず「おい、ちゃんと聞いてるのか」と怒られる始末。うんざりが顔に出ないようにするのに必死だ。


 あぁ・・・オレはまなみさんと話がしたいのに・・・。





 結局おひらきになるまで、まなみさんとまともに話せなかった。二次会は課長の行きつけのスナックらしい。「コウジ、お前も行くよな?」と言われ、「はぁ」と曖昧な返事しかできないでいると「こういうときは、黙って最後まで先輩についていくもんなんだ」と怒られた。
 先月に2回連れて行かれたが、母親より少し若いかぐらいのおばちゃんたちと話したところで何一つおもしろくもなかった。


 「よし、行くぞ!」
と課長の10歳は若返ったかのような元気な声で先輩達はぞろぞろとついていく。足を前にすすめるのが憂鬱に感じていると、後ろから会計を済ませたまなみさんが店から出てくるところだった。

「課長は元気だねぇ。コウジくんも二次会行くの?」

「そう・・・ですね。あんま乗り気じゃないんですけどね。」

「じゃ、帰っちゃおうよ。」


 まなみさんはいつも物事をはっきり言う。そんな意外と男らしい面も好きだ。いや、女性だからこそきっぱりしているのかもしれない。

「いや、でも課長にさっき来いって言われたばっかりで・・・」
オレのほうが全然煮えきっていない。


「相手は酔っ払いなんだから大丈夫だよ。ほら、逃げちゃお♪」

 そう言って、まなみさんはオレの左腕をつかみ、みんなとは逆方向に駆け出す。



「え? え?」

 驚く間もなく、その天使の導く方向へオレも駆け出す。



「あれ、あの二人・・・」
後ろから先輩の声が聞こえてきたが、けして振り向かなかった。


 オレがひっぱっていきたかったのに、逆にひっぱられて少しくやしさにも似た感情が少し。でもそんな感情は、まなみさんの手のぬくみにすべてかき消される。5月のほどよい気温よりも、少しだけあたたかい心地よいぬくもり。頬に当たる夜風が、春の香りをまき散らし、とんでいく。


「まなみさん、なんか・・・楽しいっすね。」

「そだね。月9だったら、バックでミスチルの曲が流れているような感じ・・・かな。」

「え?」



 その抽象的な言い回しに、何かをかきたてられずにはいなかった。

 でも、知っている。
 まなみさんには遠距離の彼氏がいるというウワサをすでに聞いている。その間にオレが入り込めるスペースはあるのだろうか。それは分からない。




 角を曲がったとこで一息ついた。

「久しぶりに走ったよ、わたしちょっと運動不足かも。これだけなのに疲れちゃったよ。」

「オレもですよ。なんか心臓がバクバクいってます。」

 心臓の鼓動が早くなっているのは、走ったせいではないことは分かっている。


「月曜日に会社行ったら、なんて言われますかね。」

「別にいいんじゃない。言いたい人には言わせておけば。」

 やっぱり、まなみさんはさっぱりしている。そんなさっぱりのまなみさんだから、もうストレートに聞いてみよう。


「まなみさんには彼氏いるんですよね?」

「うん。いるよ。」

予想通り、即答された。ちょっとの期待感はあっけもなく崩れていく。

「順調なんですか?」

「う~ん。そうでもないかな。遠距離ってのもあって、ちょっとね。」



 一瞬喜んでしまった自分に自己嫌悪する。まなみさんが好きなのに、まなみさんの不幸で喜んでしまう自分がいる。それは、どうしたらいい感情なのだろう。


 まなみさんからいろいろ聞いた。もうつきあって3年目だとか、あんま会える時間がなくてぎくしゃくしてるとか、それでも好きな気持ちに変わりはないとか。



 駅まで行って、「じゃあ、また来週」と別れた。ホームに入ってくる電車の音に重なって、頭の中にミスチルの桜井さんの甘い声が流れてきた。





 次の日、アパートのベランダに出て、外を眺めた。
 土曜日の朝はどこまでもきれいに晴れ渡っていた。五月晴れというのはこういう天気のことをいうんだろうなと、なんとなく思った。

 オレがまなみさんを好きな気持ちも変わらない。すぐには変えられない。
 これから、どうしたいのかも分からない。



 とりあえず、来週もあの笑顔を見たいな。
 

 五月晴れの何もない空を、飛行気が足跡をつけながら、どこか遠くへ進み続けている。




スポンサーサイト

12色の妄想恋物語    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.28 Sat
「おっぱい」の語源について

そもそも「おっぱい」という言葉は日本史で文献として
確認されるのは、古くは万葉集である。

この中の歌で「ぱい」という言葉が使われているのである。

しかし、この「ぱい」というのは俗語であり、
主に「乳」という言葉で表現されていたようである。

そこから長い間は「ぱい」と呼ばれていた。


しかし、江戸時代中期
時代が落ちつき、元禄文化が栄えていたころ、
町人の間では「笑い」の文化が急速に発展していく。


落語の発展の中で、小話の一つで「ぱい」を題材にしたものがあった。

その中で、「ぱい」は崇高なものであるとされ、

「御ぱい」と呼ばれるとなった。

その後、おっぱいの丸みを表現する意味で
言葉に柔らかさをもたせるということで小さな「つ」を入れ

「おっぱい」と呼ばれるようになったのである。











・・・という、今オレが考えた作り話はどうかな・・・?



あおのりワールド    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.18 Wed
東北が揺れた・・・そのとき、オレは。






トイレにこもってた。


そして、緊急地震速報を見た母ちゃんは
「地震!」と叫んで、オレをおいて外に飛び出してった。





愉快な日常    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.16 Mon
グローイングアップ!!


泣くな・・・
試練は何のために与えられると思う?

もっと強く大きくなるためだろう


(井上雄彦『バガボンド』より)


心に残る言葉    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.08 Sun
ぶらり族日記~三陸海岸遊歩道



どうもこんにちは
狂気の沙汰ほど面白い。あおのりです。



ちょっと前の話ですが、岩手まで行ってきました。
目的は岩手の北東部、三陸のリアス式海岸が広がる田野畑村にある遊歩道。

これがただの遊歩道じゃない・・・。



2008/5/4


いつも通り、高速を使わず、山道を多用し三陸へ向かう。
あまりにも険道に寄り道しすぎ、田野畑村についたときは夕方6時。

岩手県道44号線の絶壁沿いにあるこの遊歩道はいりくんだ場所にあり少し分かりづらい。
辺りは薄闇となり、うっそうとした霧がかかりヤバイ状態になっていた。

田野畑村02

そして、無人の漁村。
ほんと、よろしくないものが出そうな雰囲気が抜群である。

今回の写真は深い霧のため、水滴がうつってしまい非常に見にくいのですいません。
心霊系ではないので安心してください。


田野畑村04

そして、いつも通りの怪しいトンネルが出現する。

田野畑村05

たたでさえ狭いトンネル内部には小型のボート。
サーフでぎりぎりを通り抜ける。

田野畑村07

トンネルを抜けるとそこは海岸。三陸の厳しい風が吹きつける。
少し小さいが上の写真のサーフの左側に遊歩道の看板が出ている。

さて、その遊歩道はというと・・・。


田野畑村09

この奥らしいです。

潮の満ち引きとか関係するんだろうが、
これ、濡れるやん・・・。


田野畑村11

怪しいはしご発見。

田野畑村12

とりあえず登ってみる。意外と安全。
潮の満ち引きでさっきの通路が通れないときのためのはしごのようだ。


そして、いざ隧道の中へ潜入。

田野畑村14

懐中電灯で照らしてもかなり暗い。

この遊歩道・・・
まちがっても家族連れで来るような場所ではない・・・。



田野畑村16

カメラのフラッシュで一瞬映し出される内部の様子。
頼りない家庭用懐中電灯では足元が不明確で結構おっかない・・・。

田野畑村17


一本目の隧道の出口。
一応、遊歩道であることを示す看板。

こんな遊歩道があるなんて・・・正気か、田野畑村・・・。


田野畑村18

土砂崩れチックな岩場の向こうに次の隧道が見える・・・。
三陸の荒々しい波と暗闇が押し寄せてくる。


田野畑村23

今、来た一本目の隧道を振り返る。

石造りの階段の伸びる洞窟・・・。
まるでドラクエの世界だ。



田野畑村25

二本目の隧道内部。


もっと奥まで進みたかったが、この辺で撤収することに。

時間的にも日が完全に沈んでしまい、危なくなるからだ。


それに何より、

「わんこそば食べに行こう」とだまして、岩手まで連れてきて
わんこそばを食べさせてないあげくに、こんなとこに来させて、
「こんな洞窟怖くて入れない」と言われたので
一本目の隧道の前に放置してきた彼女をこれ以上待たせるのは

さすがにまずいと思いました。


田野畑村27

以上、荒波押し寄せる三陸海岸からでした。


廃道を歩く    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.04 Wed
#184 勝敗

勝敗00

「いいか、恋愛は婚姻届を出すまで
何が起こるか分からん!!
あと何年か・・・! 一瞬たりとも隙を見せるな!!」 


勝敗01

「1・2・3 おおし!!!」



勝敗02



勝敗03



勝敗04


勝敗05
 


勝敗06



勝敗07

「戻れ! 合コンが始まってるぞ!!」


勝敗08



勝敗09






今週の土曜日、合コン行ってきます。



スラムダンク大好きです。    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.03 Tue
#183 メガネくん

メガネくん1


「あの先輩すいません・・・
合コンに行きたいんですけど・・・」

メガネくん2

「ん?オレも行きたいんだけど・・・」

「ムッシュ村松ってんだ
いずれ全国を性するつもりだ」

「ぜ・・・全国!!」

「君はなぜ合コンに?」

メガネくん3

「ああ、青田のりおっていうんだ
ぼくは彼女をつくるために・・・」

メガネくん4

「村松くん、合コンてつまんないね」

「ブスばっかのときはな」

メガネくん5

「村松くん、合コンってこんなにきついの?」

「飲みっぱなしのイベントだ」

「コラァ青田! 吐くな!」

メガネくん6

「村松くん、合コンで帰りたいと思ったことは・・・?」

「帰りたいのか 青田・・・?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「オレはないね ただの一度も」



「終わったか・・・」

「これでオレたちも卒業か・・・」

「でも4年間で一番いい合コンだったよな」

「だからもう(メールが返ってこないからって)泣くなよ青田」

「村松・・・オレこのまま辞めたくない」

メガネくん7

「合コンが好きなんだ・・・」

「青田・・・社会人で全国合コンだ」

「ああ・・・」


メガネくん15

「MVP(もっともボインなパイパイ好き)の市川くん!
キミも相馬に?」

メガネくん8

「今日、はるこちゃんとあやこちゃんから
ドタキャンされたらしい・・・」

「そうか・・・」

「これで今月の合コンはなくなったわけだ・・・。
最初はあんなに予定があったのに・・・」

「・・・・・・・・・・・」

「これじゃ、オレたちの代になったら全国合コンどころか
合コンの開催さら危ないよ」


メガネくん9

「新入社員が15人。
この中から合コンの輪をひろげていくしかないだろう。
はたして何人アドレス聞けるかな・・・。」

「5人聞けりゃいいほうじゃないすか」

「何だお前は?」

「いずれ福島ナンバー1合コンウォリアーと呼ばせてみせる
今はただのチキンプレイヤーすけどね」


メガネくん10

「ふんぬ~!! こんなつまんねー合コンはもう帰る」

メガネくん16

「もし彼女ができなかったら・・・年末3連戦合コンが最後だ・・・」




メガネくん11


メガネくん17

「できた・・・」


メガネくん12

「うわぁ~彼女ができた!! 青田に!!」

「しかも、合コンでじゃない!」



メガネくん18

「チャージドタイムアウト長田」


メガネくん19

「おおおおおおおお!!」


メガネくん13

「あいつも2年間合コンしつづけてきた男なんだ・・・
侮ってはいけなかった・・・。」


メガネくん14








スラムダンク大好きです。    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

2008.06.01 Sun
パンツは、もうめくれてる
どうもこんにちは、
ポニーテールを見るとひっぱりたくなる。
あおのりです。



5月の妄想恋物語は作者取材のため書けませんでした。
早めに書きますのでお許しください。

決して、 「ハンター×ハンター」の富樫先生のように
ゲームにはまって書いていないわけではないです。
信じてください。





話、変わりますが、

最近、はまっているゲームがあります。

その名も「めくり番長」

めくり番長

パソコンでできる無料ゲームなんですが、かなり完成度が高いです。

マウスを動かしてスカートめくりをしていくという
至ってシンプルなゲームです。


めくり画面

休み時間に廊下を走り回り、片っ端からスカートをめくっていきます。

スカートをめくるたびに「優」「良」「可」「不可」の文字が表示され、
スカートの中央をきれいにめくると「優」がもらえます。


昼休み、パンを買うために並んでいる女子高生の
スカートを一気にめくるというボーナスステージもあります。


途中、スケバンもいて、長いスカートをはいているので
めくりにくい上に失敗すると、竹刀でたたかれます。

生活指導の女教師も強敵で、よそ見した隙にうまくめくらないと
ひざ蹴りをくらいます。


左上のゲージがマックスになると「スーパーめくり番長」に変身し、
時間がゆっくりになり、
止まった時の中でスカートがめくり放題です。


このゲームを考えた人は天才だと思いました。


しかも、お気に入りのパンツを選ぶことができます。
白、ベージュ、水玉、赤、黒、いちごパンツ、
くまさんパンツ、Tバック、スパッツ
のバラエティ豊かな9種類から選び、めくった中に
そのパンツが何枚あったか
カウントしてくれる無駄な機能までついています。




しかし、オレはレベル1ですらクリアできません。

どうやら、オレにはスカートめくりの才能がないようです。



誰かスカートめくりには
自信がある
という人はやってみてください。


Let’s Play → めくり番長[NIGORO] http://nigoro.jp/game/mekuri/



では、最後にみなさんに
とっておきのパンチラ画像を公開したいと思います。





712033.jpg

パンダがチラチラっと・・・

ほら、パンダがチラ・・っ・・・と・・・・




to_080218_013.jpg


じゃあ、良い子のみんな、またね。


合コン普及委員会    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。