よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2009.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2009.11≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「 2009年10月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.10.20 Tue
The Last Trip of the Dise (前編)


自由などどこにもない。

神が創った世界と、人が作った社会。


どこまでも広がる空を追いかけたかった。


消え失せる少年の心の灯を

わずかでも燃え上がらせたかった。


さびついた足は動きはじめた。




The Last Trip of the Dise
first day



2009/9/19 午前1時

仕事終わり4時間、車を走らせ東京に着いた。

久しぶりだ。せっかくのシルバーウイークを旅に出ようと
旅仲間、長田のところへやってきた。


旅の行き先はノープラン。
その運命をにぎるのはサイコロ。

そして移動手段は車(ETC1000円でどこまでも行こう)

長い討論のすえ、
①世界遺産・白川郷を優雅に眺めるツアー(岐阜県)
②紀伊半島で伊勢神宮とかぶらり旅(三重県)
讃岐うどんをもう一度食べようツアー(香川県)
④自殺の名所・東尋坊へふらり旅(福井県)
⑤普段の疲れをのんびり癒そう湯布院温泉(大分県)
⑥とりあえず南へ行こう鹿児島県ツアー


この6つの候補が決まり、サイコロを振ってみた。


コロコロ・・・。



5。


九州ですか。

シルバーウイーク渋滞の真っただ中・・・突っ込んだ。



渋滞の連続により、1日目は岡山までしか行けなかった。。。
連休5日間で戻ってこれるのかという疑問も生じる。



The Last Trip of the Dise
second day



2009/9/20

05 関門海峡1

結局、前日、岡山駅前のサウナに泊まった二人は昼すぎに九州目前まで来た。
橋の向こうが九州!!!

意外と本州と九州って近いんですね。


そして、だらだら走りながら、

11 湯布院2

湯布院へ到着!

さらっと書いたけど、ここまで1600キロも走らせてます。

結構、ひざがたがたです。


そして温泉で、それなりにのんびり。


でも。

寝たのは道の駅で車中泊。




The Last Trip of the Dise
third day



2009/9/21

21 湯平7

湯布院温泉から少し離れたとこの湯平温泉で朝風呂につかりますた。

木のお風呂の公衆浴場。素敵ね。


28 熊本5

湯布院から阿蘇山への快適道路。
平原が広がる感じがすごく気持ちいい。


33 阿蘇山3

なんか馬がいっぱい。


37 阿蘇山7

阿蘇山!

噴火口はやっぱり迫力ありますねぇ。。


39 阿蘇山9

いいなぁ、この岩肌・・・って思うのはオレだけかなぁ。。。


そのまま勢いに乗って、宮崎県へ。

44 高千穂3

神話の里で有名な高千穂へ。
ちなみに写真のボートには乗ってません。

男2人でボートをこぐようなおぞましい光景はいりません。。


47 水門橋1

あと、ついでによった、昔、教科書で見たような橋。


このあと熊本さ行って、謎のお祭り見て、
「このへん安っ!!」って長田くんが興奮して、
泊まるとこないので北九州空港前の東横インへ。

ただ・・・

部屋がないのでシングルに男二人で泊まることに。



なんか久しぶりの旅日記でおもしろみもなく、コンパクトにまとめたけど
雄大な自然にふれあうのは、いいねぇ。



自然の雄大さの中で人はいつもちっぽけだ

そのふところの中で育っているはずなのに

それをただ壊してゆく


共存することはできないの?

オレは手にしてしまった文明をはなせない。


地球を終わらせるために生まれた人という生物ではあってほしくない。





後半へつづく・・・。




スポンサーサイト

旅日記    Comment(9)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。