よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2009.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.01≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
「 2009年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.12.31 Thu
ふりかえり2009

どうもこんにちは。
ゆく年、くる年、あおのりです。



幸せの価値はどこで決まるのか。

人生は7:3で辛いことが多い。

だからこそ3の幸せが輝くのだろう。

「辛い」と「幸せ」は紙一重
「辛」に棒を一本足すだけで、それは「幸」になる。


考え方一つだ。


よいお年を。


スポンサーサイト

未分類    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2009.12.18 Fri
今、オレが決めた流行語大賞2009

どうもこんにちは。
先輩が言っていた「日本人にとって、
「ありがとう」が「I Love You」なんだ」
 あおのりです。



毎年恒例「今、オレが決めた流行語大賞2009」です。

↓過去作品
「今、オレが決めた流行語大賞2008」
http://aonoristation.blog33.fc2.com/blog-entry-314.html
「今、オレが決めた流行語大賞2007」
http://aonoristation.blog33.fc2.com/blog-entry-232.html
「今、オレが決めた流行語大賞2006」
http://aonoristation.blog33.fc2.com/blog-entry-138.html


今回のノミネート作品はすべて友達のブログ、ミクシィ日記などから引用してきました。



「んじゃ、もういいよ。お疲れ。アンタ死んだほうがいいよ」
彼女との別れ話で言われたそうです。


部屋の片隅に横たわる「縄」だけが、
僕の古い記憶を呼び覚ますのだった。

一体、何に使う縄なんでしょうね。。。


ダイヤを乱す日を考えておかなきゃ。線路が呼んでる。
危ない・・・。


何回も消耗品のような恋愛をして、気休めの恋愛をしてきた。
好きでもない女の子に愛の言葉を言い、
気持ちをすり減らさず恋愛をしてきた。
(中略)だけど、全て君が教えてくれたんだ。
君の為なら、いくらでも優しく出来る。
かっこいいです。


3次元は怖い事、傷付く事ばかりだ。
世知辛い世の中。


その女は「セックスをするだけの係」だった。
鬼畜です。


一回Hはしたけど、もう次は無いかもね。
バラモス倒した後なのに、
突然スライムに殺られるような感覚。

なんだろうね。山王工業が武里に敗れるような・・・。


恋愛という、理不尽なロープレの章が消えるまで、
ボクの股間はアストロンし続ける。

意味はよく分からないが表現が素敵です。


やはり現実は渋いのだ。
渋いぜぇ・・・・。


安くなった二人の関係の、
距離を縮める事が出来るのは快楽だけなのかもしれない。

深い・・・。さすが師匠っす。



あぁ、また下ネタ満載になってしまった・・・。


結婚して落ち着いたと思ったのに・・・

P9260247.jpg

心に残る言葉    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2009.12.03 Thu
Happy Wedding

どうもこんにちは。
結婚式あげました。
あおのりです。


P1070299.jpg

P1070319.jpg

P1070344_20091203001643.jpg

P1070346.jpg

P1070402.jpg


その他、結婚式にあらわれた変質者たち

P1070369.jpg

P1070388.jpg

P1070263.jpg



とある裏話

長田という汗をすごくかく男に友人スピーチを頼んだんですが、
相馬の雰囲気と融合して、こころあたたまるスピーチをしていただきました。
ありがとうございます。


それはおいといて
披露宴のクライマックス、花嫁から両親への手紙。
泣きながら手紙を読む花嫁にオレはそっとハンカチを差し出した。

オレはそのとき全く気付かなかったのだが、
花嫁は一瞬、躊躇したのだという。



なぜなら、先ほどの友人スピーチの際、
汗だくの長田くんを新郎はハンカチでふいたのだった。

昔からのネタのような感じで汗だくの長田をオレがふくという
合コンのときのいつもの光景のように。

忙しく進行する披露宴の中でオレはそのことを忘れていた。


しかし、花嫁は冷静にそのことを覚えており、
「このハンカチは長田の汗をふいたハンカチである」と。


花嫁はこの感動的な場面で
新郎の差し出したハンカチを断るのも雰囲気が壊れると考え
そのまま、長田の汗をすいとったハンカチで涙をぬぐった。


そんなオレの大失態を
フォローしてくれる優しい花嫁で良かったなぁという美談。





ちなみに、結婚式に出席した人でエンドロールとかに写った
写真ほしい人は個別に連絡ください。メールで送ります☆

出席してくれた方、いろいろ支えてくれた方
本当にありがとうございました!


愉快な日常    Comment(10)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。