よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.11.30 Sun
なぜ彼らは知っているのか?


どうもこんにちは。
人間のクズ。あおのりです。





「ジュウイチ」というカッコウ科の鳥がいる

この鳥は託卵という育児方法をとる。

卵を託すという字のとおり、自分で子どもを育てない鳥っだ。



母鳥は別の鳥(モズやオオルリ)の巣に卵を産む。

本来の鳥の卵の中にジュウイチの卵が1個まざる。

卵からひながかえる。



そうすると、ジュウイチのひなは他の本来のひなたちを巣から落とす。

そして、本来の巣の母鳥が運んでくるえさを独占するのだ。


さらには、羽を擬態として使い、3匹ぐらいひながいるように
見せかけ、たくさんのえさを運ばせる。


なぜ、彼らは生まれたばかりのひなのころから、
その生きるためのすべを知っているのだろうか。




彼らは本能で知っているんだ。

生きていくためには、どうしたらいいか。
誰にも教わらずに。ただ生きるための手段を。



人間はなんでこんなに脳が大きいのだろうね。

余計なことを、だらだら生きていく中で考るんだろうね。


もうすぐ冬ですね。


星が輝いております。







スポンサーサイト

未分類    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by ドゥ左衛門
俺も合コンという名の生存競争を勝ち抜きたい。
2008.11.30 Sun 21:34 URL [ Edit ]
Posted by Sじ
感動した。




自分も、余計なことばかり考えて失敗ばかりしてる人間の一人です。
もっとシンプルになるべきなんだろうね。
「本当に大事なことは、目には見えない」って言ってたもんね、
俺のダチのサン=テグジュペリも。
2008.11.30 Sun 21:34 URL [ Edit ]
Posted by あおのり
>ドゥ左衛門様
そうですね。そろそろ本気で合コンをひらきなさいという
プレッシャーを暗に感じるあおのりでした。。。

>Sじ
託卵、そういう生き方しかできない鳥もいる。
錯乱した俺たちもいる。。
2008.12.01 Mon 20:48 URL [ Edit ]
Posted by 陣内
NHKでやってた話だね。結構見てるみたいだね
しかし、ジュウイチという響きがどうしても人名に聞こえてしまう。
2008.12.01 Mon 21:48 URL [ Edit ]
Posted by あおのり
>陣内
NHKいろいろ見てました。
彼らのドキュメンタリはすごいですね。
2008.12.02 Tue 22:28 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://aonoristation.blog33.fc2.com/tb.php/312-e327e0ec

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。