よし! テンションあげていこうぜ! ウォーキング on my way
旅日記 | 愉快な日常 | 合コン普及委員会 | 男と女と恋愛と | 廃道を歩く | あおのりワールド | こころのノート | 今日の一言 | 心に残る言葉 | クリスマス | 涙の置き場所 | バトン | 卒論格闘日記 | スラムダンク大好きです。 | 12色の妄想恋物語 | 未分類 | 東北大震災レポート | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
あおのり日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
プロフィール

あおのり

Author:あおのり
職業:旅人
月日は百代の過客にして、行きかう人もまた旅人なり。
全ての出会いにカンパイ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.03.31 Tue
星霜

どうもこんにちは。
流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます。
あおのりです。



なんか、この3月から4月への変わり目
感慨深いものがわいてきますよね。

寂しさとヨロコビがいっぺんに来る
なんとも言えない感情。



田舎のほのぼのした小学校を卒業し、
街中の不良いっぱいの中学校に入ったときの
先輩の怖さとちょっと大人に近づいたことへのドキドキ感。


勉強意外の多くを感じさせてくれた中学校を卒業し、
よく分からないままに進学した高校に入ったときの
新生活への期待と一層大人になっていくことへの不安。


なんだかんだいってサッカーだけやってた高校を卒業し、
自由を求めてなんとなく進学した大学に入ったときの
知り合いがまったくいなくなる不安と一人暮らしのわくわく。


いろいろと自分をつくりあげていくことができた大学を卒業し、
思いもよらない方向へ進み、社会人になってしまったときの
自分たちの世界がなくなってしまう絶望感と
未知の世界が広がり、圧倒されてしまう感情。




それから3年がたつ。


もう、あの田舎の小学校メンバーが
もう、あの個性派ぞろいの中学校メンバーが
もう、あののんびりとした高校のメンバーが
もう、あのバカばっかりの大学のメンバーが

みんな集まって、あの環境に戻ることは
できないんだなというどうしようもない寂しさ。


もう二度と会うことがないかもしれない仲間たちもいるだろう。
同じ空の下、どこかにいるはずなのに。



しかし、けしてあのころのなんというか、
雰囲気というか、そんなものがなくなるわけではない。


谷川俊太郎の詩で
「本当に出会ったものに別れは来ない」
という一行がある。 



何年かぶりに会ったとしても
あのときの1ページを切り取ったかのように
変わらないまま笑いあえる



それは、何ものにもかえがたい
素晴らしい財産。




ふと、そんなことを考えた3月の終盤。



スポンサーサイト

涙の置き場所    Comment(11)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
感慨深いよね・・・。 Posted by PEKOE
人生は基本的に一人旅だよ。

旅の途中で誰かと出会い
ある期間
並んで
或いは
抱き合いながら
旅をするけど
やがて離れ・・・
一人で歩きはじめる

これを繰り返しながら
止まらずに
死まで続く
一人旅なんだよ。

たとえ隣に誰も居なくても
腕の中に誰も居なくても
誰かが居たことの
感触と記憶だけは
消えない

沢山の記憶の蓄積だけを抱きしめて
一人 私は死んで行くんだと思う。

誰も連れていかない。
一人で行く。
2009.03.31 Tue 10:31 URL [ Edit ]
Posted by 利茶
いつのまにか僕も卒業して明日から社会人になります。

>「本当に出会ったものに別れは来ない」

いい言葉ですね。
また今まで出会った人とどこかで巡り会えたらうれしいですね。
2009.03.31 Tue 10:58 URL [ Edit ]
Posted by うめたろ
あうあうあー(´;ω;`)
2009.03.31 Tue 16:33 URL [ Edit ]
Posted by Nき
感動した。



あの頃は、自分らが世界の中心にいて、毎日の一日一日が世界のすべてだったって気がするよ。


それが、社会という荒野に放り出されて、世界の中心がだんだんわかんなくなって、
限りある日々が、ただすり減らしていくだけの消化試合みたいに、いつのまにかなっているのでは?て気さえする。
あの頃の感覚は、社会っていうある意味冷静なモンスターによって、淘汰されてまう。否定されるのは、ほんとに辛い事だよなぁ。


だからこそ、笑って生きて生きたいって思うな。
いい意味で、そういう理不尽な世界を笑顔で乗りこなして、
心ん中にいつも引き出しを用意しておく。
で、心が日々に負けそうになったときに、ちょっとだけそっから、思い出を取り出してみる。(ちょっとだけってのが重要。)
そういうふうにやっていければ、
新たな「充実」を手にできるんじゃないかなー。


君の日記を読んでそんなことを思った、年度末の夜。
2009.03.31 Tue 22:29 URL [ Edit ]
Posted by ムッシュ
たまにこういう良い事書くから、やっぱあおのり日記は人気を博している訳ですねw


僕は臭い事とか言いたくないキャラなんで、内容とかには触れませんが、彼氏募集ちうのnanaちゃんに本気でアタックしようかと思っています。


しかしねー、歳食った感じするよね。未だに小学校時代の夢しか見ないけど。
2009.04.01 Wed 04:19 URL [ Edit ]
Posted by もんち
なんかね、泣きたくなってきた。

中学も高校も大学も、もっとバカっぽいことしときゃよかったよ。
2009.04.02 Thu 21:03 URL [ Edit ]
Posted by Bots
早いもんで、もう卒業して3年ですか・・・。

歳をとっていくのですね。

東京に住んでいると、何が正しいのか
わからなくなってきます。
2009.04.02 Thu 21:19 URL [ Edit ]
Posted by あおのり
>PEKOEさん
そうですね。人はいつも1人です。
人の気持ちを分かったつもりでも、
それはただの想像でしかない。
確かなのは、そこに存在してくれているということだけ。

>利茶
新たなスタートだな。
ヨロコビとカナシミと。
また、あのアドバイザー仲間で集まれたら。
いろいろ思うよ。

>梅たろ
わおわおわー いえーるらい☆

>Nき
思い出は強いよ。

>ムッシュ
たまには、ただのアホじゃないことも書かなきゃね笑
ちなみにGWは東京に行ったりするという作戦はどうかな。

>もんち
なんで、あのころの時間をもっと大切にできなかったかなぁ。と
悔やむよね。。。

>Bots
今は会津になったんじゃねがったんだっけ?
月日はあっという間だな。あのバカやってた期間と
同じくらいの期間が過ぎていくと思うと。
なんか切ないな。。

2009.04.02 Thu 23:27 URL [ Edit ]
管理人のみ閲覧できます Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.04.03 Fri 10:33 [ Edit ]
Posted by Aya
あおのりさんってスゴイと思う。
って言葉にすると軽っぽいけど
こうしてこれだけ表現できることがスゴイと思う。

心にしみました。
2009.04.09 Thu 18:00 URL [ Edit ]
Posted by あおのり
>Ayaさん
いやぁ、だまされてますね☆
甘い言葉にひっかかってはいけません。笑

2009.04.11 Sat 18:56 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://aonoristation.blog33.fc2.com/tb.php/336-c43f7ffe

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。